わが思いのすべて

わが思いのすべて

蔵田裕行

FMC-5024

バリトン
蔵田裕行
ピアノ
  • 梅本俊和
  • 蔵田由美子
¥ 2,940
(現在、在庫がありません。)

収録曲

わが思いのすべて
J.ブラームス
太陽はもはや輝かない
J.ブラームス
美しい娘さん、許しておくれ
J.ブラームス
天使のような羊飼いの娘さん
J.ブラームス
詩人トム
C.レーヴェ
魔王
C.レーヴェ
我が憧れ、我が悩み
E.W.コルンゴルト
神よ、護り給え
V.ネッスラー
Y.キルピネン
メロディー
Y.キルピネン
天使
Y.キルピネン
アダージョ
Y.キルピネン
夏の夕べ
Y.キルピネン
ペレグリーナ
O.シェック
O.シェック
眠り
O.シェック
いつかのように
J.マルクス
日本の雨の歌
J.マルクス

演奏者

蔵田裕行(バリトン)
広島県呉市に生まれる。父蔵田春平よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。
高校時代、ヴァイオリンを平田正男、林龍作、声楽を林達次各氏に師事。
1956年、京都市立音楽短期大学声楽科を卒業。
声楽を伊藤武雄、ピアノを元浜綏子、ヴァイオリンを鞍谷敦子各氏に師事。
1961年、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。
声楽をN.レーヴェ、中山悌一、ピアノを水谷達夫、指揮を田中伸昭各氏に師事。
1965年、東京芸術大学大学院音楽研究科独唱専攻修了。
オーストリア政府給費留学生としてウィーン国立音楽大学に留学。
発声をW.シュタインブリュック、リート・オラトリオをE.ヴェルバ、オペラをJ.ヴィット各氏に師事。
1967年ウィーン音楽祭、ハイドン作曲「オルフェとエウリディーチェ」(ボニング指揮)オーストリア初演に際し使者役でサザーランド、ゲッタと共演。
966年-1968年ヴィーンアカデミー室内楽合唱団団員。1968年帰国。1987年藤堂音楽賞受賞。
これまで「ゲレルト歌曲集」「遙かなる恋人に寄す」「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」「白鳥の歌」「詩人の恋」「リーダークライス」「マゲローネのロマンス」「さすらう若人の歌」「リュッケルト歌曲集」「死に寄せる歌」等のドイツ歌曲群をはじめ「聖書の歌」「ペトラルカのソネット」「ドン・キショッテ」「アブラ カダブラ(マリピエロ)」等の古典から現代に至る大曲を中心とした20回をこえるリサイタルのほか、「第九」「メサイア」「マタイ受難曲」等数多くのオラトリオに出演。
格調高い演奏には定評があるが、オペラでは「フィガロの結婚」のフィガロ・伯爵、「コジ・ファン・トゥッテ」のグリエルモ、「魔笛」のパパゲーノ、「ラ・ボエーム」のマルチェッロ、「利口な女狐の物語」の森番、「ルクリーシャ」のターキニアス、「真夏の夜の夢」のディミートリアス、「こうもり」のファルケ、「タンホイザー」のヴォルフラム、「真説カチカチ山」の狸、「昔噺人買太郎兵衛等で、得難い性格俳優との評価も得ている。
また1991年に京都混声合唱団常任指揮者となり、1992年には、同団定期演奏会で京都市交響楽団を指揮してハイドンの「天地創造」を上演した。
京都市立芸術大学教授 関西二期会常任理事 日本シューベルト協会理事 日本フーゴー・ヴォルフ協会同人。