イギリスと日本のしらべ

細川 維がうたうイギリスと日本のしらべ

細川 維

FMC-5023

リリック・テノール
細川 維
ピアノ
梅本俊和
ハープ
野田千晶
ホルン
小山 亮
朗読
浦山弘三
¥ 3,150
(現在、在庫がありません。)

収録曲

  1. つばめのような娘
  2. 素敵な娘レマディ
  3. 寂しくみじめだった
  4. 鳥刺しの歌
  5. 夏の最後のバラ
  6. カンティクル第3番「なお雨は降る」
  7. 序の歌
  8. 爽やかな五月に
  9. 落葉林で
  10. さびしき野辺
  11. 夢のあと
  12. 樹木の影に
  13. 初恋
  14. 犀川
  15. 野の羊
  16. 落葉松

演奏者

細川 維(リリック・テノール)
15歳から浦山弘三氏に師事。1964年大阪学芸大学特設音楽科・専攻科修了。
関西二期会の発足にあたり参加。バリトンとして「カルメン」などに活躍。 1971年「フィガロの結婚」アルマヴェヴァ伯爵役に出演後テノールに転じ、「こうもり」のアルフレッド、「魔笛」のモノスタートス、「ドン・ジョバンニ」のドン=オッタヴィオ、「夕鶴」の与ひょう、など関西二期会のオペラ公演で活躍。
モーツァルト「レクイエム」「戴冠式ミサ」「ミサ-ブレヴィス」、ヘンデル「メサイア」、黛敏郎「涅槃交響曲」などの宗教音楽やベートーヴェン第九交響曲のソリストとして出演。
ミュージカル「槍の権三」、奇跡劇「カーリュー・リバー」、歌芝居「通夜」などの意欲的なステージにも積極的に参加。ドイツ歌曲、イタリア歌曲、日本歌曲の演奏会にも数多く出演している。
大阪府立三国丘高校で教鞭をとるかたわら、地域社会の音楽文化の発展に力をつくし、堺市において市民合唱活動に携わっている。
8年間実行委員長を務めた堺市民オペラは、1983年の「夕鶴」公演にたいし大阪府民劇場奨励賞を受賞した。
1985年にはオペラ「夕鶴」のアメリカ、ロサンゼルス公演に参加、与ひょう役に好評を博し、1987年4月、再びロサンゼルスに招かれ3回の日本歌曲リサイタルに出演した。
「イギリスの抒情」と題した1984年の大阪でのリサイタルでは、ヘンリー・パーセルの作品、ブリテンの編曲によるイギリス民謡と奇跡劇「カーリュー・リバー」のユニークなプログラムで好評を博した。
1988年秋、エルシアター(大阪府立労働センター)におけるリサイタルでは、またブリテン編曲の「イギリス民謡」と「セレナーデ」に日本歌曲を組み合わせた抒情的なプログラムで、大阪文化祭奨励賞を受賞。
1990年3月ザ・シンフォニーホールにおいてブリテン「カーリュー・リバー」の狂女を演じ、この公演に対し朝日放送シンフォニーホールから「クリスタル賞」が与えられた。
また、この公演を縁に、イギリスのブリテン財団から招請を受け、1991年6月、同財団の主宰するイギリス「オールドバラ音楽祭」における「カーリュー・リバー」の上演に参加し、絶賛を博した。
日本シューベルト協会の同人でもある。