おかあさん

おかあさん

水澤節子

FMC-5038

ソプラノ
水澤節子
ピアノ
戎 洋子
¥ 2,940
(現在、在庫がありません。)

収録曲

  1. おかあさん
  2. 祖母の子守うた
  3. ねむの木の子守歌
  4. 叱られて
  5. この道
  6. ゆりかご
  7. ゆりかごの歌
  8. こもりうた
  9. おやすみなさい
  10. ふるさとの
  11. 早春賦
  12. 朧月夜
  13. 夏は来ぬ
  14. 里の秋
  15. 赤とんぼ
  16. 冬景色
  17. 故郷
  18. 出船
  19. 浜辺の歌
  20. 城ヶ島の雨
  21. 宵待草
  22. 椰子の実
  23. 九十九里浜
  24. 秋の空
  25. 花の街

演奏家

水澤節子(ソプラノ)
兵庫県立長田高校を経て、大阪教育大学特設音楽課程声楽科卒業。同大学院修了。
関西二期会公演「フィガロの結婚」のケルビーノでオペラデビュー。
その後、「カヴァレリア・ルスティカーナ」のサントゥッツァ、「ウィンザーの陽気な女房達」のアンナ・ライヒ嬢などに出演。
神戸市主催の一人オペラ「信太妻」、モノ・オペラ・ブッファ「女はすてき」を主演、歌楽《鶴》(三木稔作曲)を一人オペラとして再構成し、制作・主演(関西初演)する。
リサイタルでは日本歌曲とともに、アイヴス、ファリャ、シューンベルグをプログラムに取り込むなど、意欲的な舞台活動を展開している。
「メサイア」、「スタバート・マーテル」などのソリストとしても活躍。
日本歌曲の演奏、邦人作品の初演に力を注ぎ、震災詩集から生まれた歌曲「かもめ」他はCD「ぐっどもうにんぐ~1995年1月17日の記録」としてリリースされている。
舞台活動のみならず、関西二期会では日本歌曲演奏会のプロデュースを担当し、地域においては文化振興のため、サロンコンサートや「母と子のコンサート」を開催、室内オペラを制作・上演する。
さらにオーケストラ・アジア神戸委員会代表として国際文化交流にも貢献している。
兵庫県芸術奨励賞(1999年)、神戸市文化活動功労賞(1996年)を受賞。
関西二期会会員 日本演奏連盟 兵庫県音楽家協会会員
長田文化協議会代表幹事 神戸クラシック協会主宰
神戸常磐短期大学 神戸山手女子高校音楽科各講師
戎 洋子(ピアノ)
相愛女子大学(現相愛大学)音楽学科器楽科ピアノ専攻卒業。相愛大学講師。
オペラ、市内学などのピアニストとして舞台や放送で幅広く活躍。
透徹した清冽な音色は独特なリズム感とあいまって、よりドラマ性の高い音楽世界を表現している。
内外の優れた演奏家たちとの共演を数多くつとめ、特に林光の信頼は厚く、関西での初演の多くを共にしている。
大阪府民劇場奨励賞(1977年)、第19会ブルーメール賞(1990年)を受賞。
1996年にEBISU MUSIC LOFTを設立。翌年にかけて<恋文コンサート>を連続3回開催。
1997年秋、ソロアルバム「極楽鳥」初リリース記念コンサート「クレオールの魂」が大阪文化祭賞を受賞。
独自の語り口を持つピアニストとして、ジャンルをこえた自由な表現の可能性を開いている。